スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園の情報です

旭山動物園のことがなんとなく気になりませんか?

北海道旅行について
北海道旅行を考えています。一応、今計画しているのが、四泊五日で1日目 福岡-羽田経由-旭川空港-旭山動物園-美瑛-旭岳温泉(宿泊)2日目 旭岳温泉-旭川-層雲峡-北見-網走-サロマ湖(宿泊)ほとんど移動3日目 サロマ湖


旭山動物園 ライオンの親子

旭山動物園のつくり方
価格: 690 レビュー評価:5.0 レビュー数:4
文春文庫plus 著者:原子禅/亀畑清隆出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:223p発行年月:2006年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)人も動物も幸せになれる場所へ…スタッフの夢と努力が、大ピンチの動物園を生まれ変わらせた!旭川の小さな動物園が、2004年夏、上野動物園を抜いて月間入場者数日本一に輝くまでには、「行動展示」をはじめとするさまざまな工夫の積み重ねがあった。カラー写真満載で贈る、感動のノンフィクション。立松和平氏と小菅正夫園長の対談も収録。【目次】(「BOOK」データベースより)1 日本一への息吹(決断、そして茨の道へ/日本一への息吹 ほか)/2 新施設に込められた想い(こども牧場の誕生/ミニチュアからの脱却 ほか)/3 旭山の飼育員たち(旭山で働くということ/もぐもぐタイム ほか)/4 伝えるのは命(これからの素描/身近な自然との繋がり ほか)/5 小菅正夫園長・立松和平氏対談?共生への道(動物は怠け者/森を捨てたサル ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)原子禅(ハラコユズル)1974年、札幌市出身。神戸市外国語大学卒。出版社勤務を経て、2004年からフリーに。ノンフィクション、人物インタビューをメインに執筆を行う亀畑清隆(カメハタキヨタカ)1959年、札幌市出身。四季折々の風景や人物、スポーツ、廃線駅などを撮影。モータースポーツの取材活動も積極的に展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 動物学



Google News
旭山動物園おすすめスポット / この春は、積算資料平成年度版。
この春は、積算資料平成年度版。』のページ-旭山動物園のおすすめスポットは、いくつもあります。もうじゅう館や北極グマ館やレッサーパンダの施設も出来ました。ほとんど全部回ってもらえると良いと思います。そんなに広い園ではありません。

171′s memo : ネクタイデー。
「まぁ日本で言う、旭山動物園に行くとこを、おれら行ったんは天王寺動物園やな」 「なんちゅうかなー。雷鳥みたいな電車に乗ってやなぁ~」 「梅田とかええとこでなく、難波に泊まってやなぁ~」 国内旅行になってます≧(´▽`)≦ ...

情報商材15
情報商材28
情報商材13
情報商材16
情報商材25
情報商材22
情報商材11
情報商材20
情報商材3
情報商材26
情報商材34
情報商材19
情報商材32
情報商材18
情報商材12

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sugguruu

Author:sugguruu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。